レーザー脱毛の仕組みに注目!剛毛の場合は痛みを感じるのが一般的です

医療機関で行うレーザー脱毛は、脱毛サロンで行うフラッシュ脱毛よりも痛みが強いと言われていますが、これは事実です。ではなぜそのような状況が生じるのか、そして剛毛に対して施術されるレーザー脱毛はなぜさらなる痛みを生じさせるのか、これらの点についてご説明したいと思います。

レーザー脱毛の仕組みとは?

まず、レーザー脱毛の仕組みについて見ていきましょう。この脱毛法は特殊な光を用いて行われます。

この光はメラニン色素に対してのみ反応するという性質を有しています。
そしてムダ毛にはこの色素が含まれているために、光が照射されると効果が表れるわけです。
この光はムダ毛を伝ってその先にある毛根に熱を加えます。

そして何度か光を照射することで毛根は破壊され、ムダ毛を作る力を失います。その結果、脱毛に至るのです。

当然のことながら特殊な光によって破壊された毛根は、ムダ毛を作り出すことができません。
そのため医療機関におけるレーザー脱毛は、永久脱毛に至ります。

これに対して脱毛サロンでのフラッシュ脱毛は、同じ種類の光を用いているものの永久脱毛を行うことはできません。
なぜなら使用している光の威力は弱く設定してあり、あえて毛根を破壊しないようにしているのです。

痛みが生じるのはなぜ?

脱毛サロンでのフラッシュ脱毛は痛みが少ないことで知られています。
しかし医療機関でのレーザー脱毛は、チクッとした痛みを感じます。その理由は先にも少し触れたように、使用されている光の威力が強いことにあります。

この光は毛根に熱を加えるわけですから、照射されたムダ毛の毛根付近に存在する神経を刺激します。
もちろんその熱量が多ければ痛みも多く感じられるようになります。

そのようなわけで、レーザー脱毛はフラッシュ脱毛よりも痛みを感じる施術なのです。
では剛毛に対する施術が、さらに痛みを感じることがあるのはなぜでしょうか?

剛毛の先にある毛根は、普通のムダ毛の毛根よりも大きくなります。そのためレーザー脱毛の光が照射されるとたくさんの熱がそこに一気に加わり、より多くの神経を刺激することになります。これが剛毛に対するレーザー脱毛が痛みを引き起こす原因です。

痛みを軽減したければ脱毛法を考慮すべき

脱毛サロンでの施術は永久脱毛には至りませんが痛みが少なく、尚且つ毛根を弱らせてムダ毛を細くする効果を有しています。
そのため剛毛に対するレーザー脱毛に抵抗があるという人は、痛みの少ないフラッシュ脱毛を試してみることができます。

ムダ毛の毛根は小さなものですが、施術に伴う痛みは思いのほかストレスとなります。そのためベストな方法をチョイスできるよう、脱毛機関に関してはしっかりと考慮すべきです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする